T王子の思い立ったら即日記

T王子におきた日常の試練を紹介

新大阪駅の穴場

朝でも夜でもコンニチハ!

T王子です(`・ω・´)

 

今日は新大阪駅に仕事に来ております。

 

■ウィキさん頼りのT王子地域紹介~■

新大阪駅(しんおおさかえき)は、大阪府大阪市淀川区西中島五丁目にある、西日本旅客鉄道JR西日本)・東海旅客鉄道JR東海)・大阪市交通局大阪市営地下鉄)のである。JR西日本の駅番号はJR-A46大阪市営地下鉄の駅番号はM13

大阪における新幹線の広範囲連絡の代表駅である。東海道新幹線の終点および山陽新幹線の起点となっており、当駅を営業区間に含む全列車が停車するほか、当駅を始終着とする列車が数多く設定されている。

大阪市の北の中心地である梅田は当駅より南方へ約3kmの距離にあり、そこにあるJR大阪駅までは在来線東海道本線JR京都線)で1駅、地下鉄梅田駅までは地下鉄御堂筋線で3駅である。また、新幹線に接続して北陸山陰南紀関西空港方面への在来線特急列車が発着し、北近畿ビッグXネットワークではその一端を担っている。

 

1964年10月1日東海道新幹線の開業に先立ち、大阪市営地下鉄御堂筋線の駅が同年9月24日に開業した。当時の駅は、用地買収の遅れから現在のホームの南半分(梅田側)のみ完成での開業で、さらに南側に木製の仮設ホームを継ぎ足してホーム長を確保していた。梅田側の上下線がホームのかなり手前から大きく開いているのは、その仮設ホームがあった頃の名残である。当駅 - 江坂駅間が延伸開業した1970年2月24日に、未完成だったホーム北半分が完成して仮設ホームを撤去し、現在の御堂筋線の駅が完成した。

国鉄(現JR)の駅は、1964年東京オリンピックの開催に合わせて建設された東海道新幹線の終点駅として、1963年10月に完成し、翌年の1964年10月1日に開業した(1964年10月1日国鉄ダイヤ改正も参照)。新幹線の駅が大阪駅に併設されなかったのは、大阪駅(梅田地区)付近が阪急梅田駅梅田貨物駅などの既存施設で埋め尽くされて再開発の余地がなかったことや、山陽方面への延伸が見込まれており、在来線(東海道本線)のように淀川を二度も渡る曲線経路を避けたためである。

なお、戦前の新幹線計画である「弾丸列車計画」では、1940年4月1日に現在の同駅の隣に設置された東淀川駅が同路線開通後に「新大阪駅」と改称される予定であったが、戦後東海道新幹線が建設される際に、「山陽方面への延伸の際は、北方貨物線の直上に建設した方が用地買収の手間がなくてよい」[2]といった理由で大阪付近のルートが一部変更されたため、現在の位置に当駅が設置された。これにより、当駅との統合という形で東淀川駅の廃止計画を発表したが、地元住民の要望により存続することになった。東淀川駅と当駅の間の営業キロが0.7kmと非常に短いのは、そういった理由によるものである。

当駅におおさか東線が乗り入れ、同線の起点駅となる予定である。計画当初は2006年開業を目指していたが、用地買収などで手間取り2009年度着工、2018年度末全線開業を目指すことになった。

 

 


f:id:takechan5580:20170320123604j:image

 

 

こちらは東口の出入り口になっており、車で迎えに来るや待ち合わせなどは実はこちらが穴場なんです( ´艸`)

見通しもいいので見つけやすい!

中央口とかはタクシーなど一杯で止めれない事も多いですしねヽ(゚Д゚)ノ

さすがT王子!詳しいね~!(*'▽'*)

 

さて、ブログもそこそこに仕事頑張ってきますか!o(^o^)o

 

 

では×2